PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

断じて許せない!

これは「Empty Cages Worldwide」さんからお借りした画像です。


何年もの間暗い地下室に鎖で繋がれたままの犬が居ました。「飼い主」は時々思い出したように食べ物を投げ入れるだけで呼びかける事も散歩に連れて行く事もありませんでした。この犬にとっての毎日とは昼も夜も分らないただ暗闇で息をするだけだったのです。
そんな地獄のような日々が続いた後ついに「飼い主」はわずかな食べ物を与える事も止め放置する事に決めたのです。
糞尿にまみれただ暗闇で餓死するのを待つそんな一生がようやく終わろうとしたある日、ついにこの子に救いの手が差し伸べられました。
保護された時の状態。。。手は曲がり体中皮膚病に覆われ、リーシュマニア症 にも感染していました。現在治療が行われているスペインのシェルターでこの子は必死に戦っています。
同じ人間でありながらどこまでも残酷になれる人と命を守ろうと手を差し伸べる人との違い。。あまりにも大きな違いです。
こんなケースは決して海外の特異なケースではありません。日本国内でも似たようなネグレクトで苦しむ「ペット」が後を絶たないのです。。。

以上の説明文はお友達が訳されました。



こんなこと許されないですよね!

我々の想像を絶する恐怖を味わったことでしょう。

犬のオーナー以前に人間として許すことは出来ない!

この子の身体と心の傷が回復し、幸せな日々を迎えられるよう祈りたいです。




6869_378388255601198_2123716134_n.jpg
スポンサーサイト

| シェパード | 22:32 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

直視できません・・・チラ見でスルーします。

心臓が痛い。胸が痛い。

| ハサウェイ | 2013/06/11 21:39 | URL |

・・・酷いという以上の言葉はないのですかね?
もはや人ではないです、そういう人は。

この仔は保護されたからまだいいけれど(こんな状態でいいと決して言えませんが)
この飼い主は、きっとまた別の犬を同じようにして苦しめるのではないかと・・・
死刑にしても足りないくらいです!!

一日も早い心と病の回復を祈ります。

| Jun | 2013/06/12 11:04 | URL | ≫ EDIT

ハサウェイ さんへ

お返事が遅れてごめんなさいね!

表に出ないだけで、このような子たちがどこかで助けをもとめているのかもしれません。
弱い者に対するこのような行動は断じて許せないです。

| アリちゃんの兄貴 | 2013/06/16 04:09 | URL | ≫ EDIT

Jun さんへ

お返事が遅れてごめんなさい!

そうですよね!
まだこのような状態で会っても助けられたことは良いことだと思います。
心と体のケアは大変でしょうが、きっと回復してくれると思います。

オーナー云々という前に人間として許すことが出来ないですよね。
命の重さなど全く理解も認識も出来ていないのでしょう。

| アリちゃんの兄貴 | 2013/06/16 04:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT