PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢の犬種

久しぶりの再開だからもう一度自分とシェパの出会いがなしを・・・


このように生まれた時からずっと犬と生活してきた

大型犬にずっと憧れていた

特にジャーマンシェパードにね!

でもね、子供心にシェパって一般家庭では飼えない犬種と思ってた

特殊な犬種で自分には縁がないと思ってた



ある出来事をきっかけに世の中には訓練済みのシェパが居ることを知り、自分なりに探し始める

ところがどこの訓練所に問い合わせても「先住犬がハスキーだと無理だね!」とあっさり言われたよ

今では信じられないけど・・・

それでも問い合わせたところある訓練所で「もしかして兄貴さんかな?お父様から問い合わせがあったよ!」と

親父さんが幼馴染さんの実家の訓練所に問い合わせてくれてたんだよね

そこで出会ったのが先代のアリンダ

生後10か月の訓練済みだった

訓練所に見に行ったとき所長さんが2頭のシェパをサークルの中に出してきた

一頭は見事なブラック/タン

もう一頭はほぼブラックに近く見えた

どちらも女の子

同した親父さんも自分もブラック/タンに目が行くよね

心はそちらに決めていたけど、親父さんが所長さんに「どちらの子がお薦め?」と聞くと所長さんが無言で指差した

それがほぼブラックに見えたアリンダ

「こいつなら間違いないよ!ウチの子なんだけど〇〇ちゃん(親父さんの名前)なら喜んで譲るよ」と

名前も既にアリンダと名付けられてた

そのときは正直「え~!こっち?」と思ったよ

でもその所長さんさんの言葉に間違いはなかったなぁ~

先住のハスキーのメリーとは一切トラブルはないしむしろお姉ちゃんと慕ってた

コマンドはバッチリだし忠実

何も文句のつけようがないんだよね

自分が描いていたシェパそのもの

終生自慢の子だった

最高の相棒でありパートナー

自分を守ってもくれたしね

アリンダには今でも感謝しかない


アリンダのお陰でいろんな方々と出会い、その方々のお陰でブレンダを迎えることも出来た

まぁブレンダアリンダと違いちょっと変わった子だけど(笑)

自分が人生を終える時、きっとアリンダとブレンダと過ごした日々を思い出すと思う

いろんな犬種がいて、それぞれ素敵だと思う

でも・・・やっぽシェパはいいね



スポンサーサイト

| アリンダとの日々 | 15:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT